研究内容

応用抽象化と総合デザイン

桂研究室では、応用抽象化と総合デザインに関する新しい原理の究明に取り組んでいます。



応用抽象化は、無限のアナリシスを行う科学と機能の統合を行う工学を繋ぐシンプルで強力なアイデアです。異なる物理系が統合されたシステムのデザインにおける、複数の系を俯瞰する抽象化技術や統合物理系の総合デザインの創成を目指し研究を続けています。

「研究グループ紹介:慶應義塾大学 理工学部 システムデザイン工学科 桂研究室」
https://www.jstage.jst.go.jp/article/ieejias/137/10/137_NL10_4/_pdf


  • 抽象化理工学

    応用数学,巨大データ,人間モデリングと抽象化

    研究成果の一部はこちら

  • 分布定数システム・スマートロボティクス

    温熱システム,ヒューマンインタフェース,無限自由度システム

    研究成果の一部はこちら

  • イノベーティブシステムデザイン

    総合デザイン,インテリジェントセンサ,アクチュエータ,感覚とインタフェース

    研究成果の一部はこちら

  • 精密制御,リアルタイム制御

    周期外乱抑圧,適応周期外乱オブザーバ,むだ時間制御器,産業電子・応用

    研究成果の一部はこちら

  • 波動システム・メカトロニクス

    波動制御,無限自由度システム,振動,音,機敏・器用操作,超精密システム

    研究成果の一部はこちら

  • 人間支援,超人間

    メディカル・バイオシステム,クオリティ・オブ・ライフ,人間と社会

    研究成果の一部はこちら